USBハブおすすめモデル13選!商品紹介~USBポートを増設しよう!~【2019年9月版】

USBハブのおススメ商品紹介~USBポートを拡張しよう!~【2019年9月版】

 

「USBハブ」というデバイスを知っていますか?

 

パソコンを使っていると、「USBを挿す場所が足りない!」という事態に直面すると思います。最近は何かとUSBから電源を引っ張ってくる商品が増えてきましたので、余計にポート数が足りないんですよね・・。

外付けHDD、マウス、キーボード、ヘッドホンや充電関連などなど。最低でも4ポート程度は欲しいところです。

 

そんな時に便利なのが「USBハブ」。これを使えばUSBポートを手軽に増設することができるので、USB機器の同時接続数を増やすことができます。

 

しかしながら、この「USBハブ」は商品数も多く、1000円以下で買える安価なものから、5000円程度するものまで様々です。安いという理由だけで商品選んでしまうと失敗してしまうケースも少なくありません。

 

このページでは、おススメUSBハブを紹介していきます。

【USBハブの種類】

USBハブには大きく2種類あります。

セルフパワーとバスパワーです。

セルフパワータイプ

  • 外付けHDDのような消費電力の大きいデバイスに使用する人
  • ポート数が多い方がいい人

バスパワータイプ

  • マウスやキーボードなど消費電力の少ないデバイスに使用予定
  • ポートの拡張数は4ポートぐらいで十分という人

 

それぞれの特徴からまとめると↑のようになります。もう少し詳しく説明していきましょう。

セルフパワータイプは家庭用のコンセントからACアダプターで電源を供給する必要があります。

 

 Gionくん
え、面倒だなソレ

と、思うかもしれませんが、その代わりに電源供給が安定するので、使用するデバイスの動作も安定します。

特に恩恵が大きいのは、外付けHDDのような消費電力の大きいデバイスです。

バスパワーのUSBハブにはない安定性とポート数の多さがセルフパワータイプの魅力と言えます。

Gion犬
じゃあバスパワーはだめ?

そんなことはありません。

バスパワータイプはUSBポートに差し込むだけで使用でき、手軽に利用できる+価格も比較的安価で良い商品が多いのが特徴です。

 

Gionくん
それなら、バスパワータイプ一択じゃないカ?

電力供給がUSBポートからのみになるバスパワータイプは、消費電力が大きくなると動作が不安定になります。その仕様上、ポート数が少ない商品がほとんどです。なので、ポート数の増設は4ポート程度で良く、使用デバイスもマウスやキーボードのような消費電力の少ないもののみに使う予定の方には向いています。

 

Gion犬
商品の特徴を押さえたうえで、自分に合ったものを選ぶのが大切ということかな

 

【USB2.0と3.0】

それぞれの違いを簡単にまとめると、

USB3.0

  • データ転送速度はUSB2.0のおよそ10倍(理論値)
  • USB2.0と互換性があるので、完全上位互換

 

USB2.0

  • 安価
  • モデルとしては古い部類に入りつつある

 

最近ではUSB3.0専用のデバイスも多くなってきました。高性能であればあるほど、データの転送速度が求められるからです。

その分USB2.0で問題ないのであれば、USBハブも数百円で済みますので、使用目的と財布と相談して選んでいきましょう。

個人的には多少無理してでもUSB3.0のものを購入することをおススメします。

 

セルフパワータイプのおススメUSBハブ

今回のイチオシ!

SOWTECH USB3.0ハブ セルフパワー 10ポート CA033-10

・最大10ポートまで拡張

・10ポートは全てUSB3.0かつ高速転送・急速充電に対応

・セルフパワーであり、消費電力の大きな外付けHDDもデータの伝送も安定して行える

・防塵カバー付きであり、使わないUSBポートのホコリ侵入を防止できる。

・壁掛け可能

10ポートまで拡張することができ、しかも全てのポートで急速充電が可能。当たり前のようで、意外に急速充電が全ポートで対応している商品は少なく、充電を必要とするワイヤレスを複数お持ちの方やUSBを抜き差しするのが手間、または同時充電したい方にもおススメしたい一品です。

セルフパワーなので、コンセントは必要となるものの、安定性も獲得できている。

全体的に欲しい機能がまとまっており、コスパ◎のイチオシ商品です。

 

Atolla USB3.0ハブ 7ポート+ 4充電ポート CH-210K

・充電専用の4ポートでは急速充電が可能

・独立スイッチ付

全11ポートのうち4つは充電専用ではあるものの、急速充電に対応しており、単純なポート数で言えば「SOWTECH USB3.0ハブ セルフパワー 10ポート CA033-10」よりも多い。

ポート毎にON/OFFができるのも何かと便利。

充電したいデバイスの数が4つ以上の方には使い勝手の良い商品です。

 

AUKEY USB3.0 ハブ 10ポート セルフパワー アルミ製 USB1.1/2.0互換 CB-H6

・おしゃれ感◎

・十分な拡張性能

・AUKEY製

Ankerと並びPCデバイス界で勢力を伸ばしつつあるAUKEY製。

独特のデザインをしており、性能面だけでなく見た目も楽しめる商品です。

アルミ製ということもあり、インテリアとしても◎。

 

RSHTECH USB3.0 ハブ 7ポート アルミ製 セルフパワー 独立スイッチ付 RSH-518-7

・拡張数は7ポートで価格も控えめ

・独立スイッチ付き

 

バスパワータイプのおススメUSBハブ

Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ AK-A7516011

・安定と信頼のAnker製

・コンパクト設計で持ち運びも負担にならない

AmazonのUSBハブのランキングでは1位常連の人気商品。

やはりAnker製はスタイリッシュでかっこいいですね。

4ポートに拡張できるため、必要最低限ではあるものの、価格もそこまで高くないので、とりあえずポートを増やしたいというライトユーザーにおススメしたい一品。

 

エレコム USB2.0 3ポート 直挿し 機能主義 U2H-TZ325BXBK

・直挿しタイプのユニークなデザイン

・省スペースで機能的

・ノートパソコンユーザーにに特におススメ

 

Sabrent  USB 3.0 3ポート/プレミアム・アルミニウム[90°/180°回転式]  HB-R3MC

・USB3.0

・省スペースで機能的

・ノートパソコンユーザーにに特におススメ

 

Onvian USBハブ 3ポート USB3.0+USB2.0コンボハブ バスパワー 超小型・軽量設計

・超小型

・USB3.0も1ポート付いている

 

Excuty 丸型 USB3.0  4ポート WP-UH1

・機能的なデザインにより、USBがお互いに干渉しないよう考えられている。

・セルフパワー&バスパワータイプであり、必要に応じてどちらでも対応可能。

 

iBUFFALO  USB2.0ハブ 4ポート スタンダード BSH4U055U2

・安定と信頼のBUFFALO製

・安い

USB3.0とかにこだわりがなく、とにかく安さを求めるならこの商品。

安価であってもNintendo Switchにも対応しているので、何かと便利に使えるかも?

 

【番外編】USB Type-C ハブ

 

Comter USB Type C ハブ 6 in 1 Hubドッキングステーション PD急速充電ポート USB3.0 ポート SD/MicroSDカードスロット Thunderbolt 3 タイプC

・二つの Type-Cポートからの電源供給が必要な点は注意

・ノートPCをスタイリッシュに拡張

・PD急速充電ポート

・SD /TFカードリーダーなどを含む機器をこの商品一つで対応

・MacBookには必需品と言っていいレベルの完成度の高い商品

 

MEALINK USB C ハブ 5ポートハブ 4k出力 変換アダプター HDMIポート/VGA/PD給電/USB3.0ポート/オーディオ 5in1  V60

・HDMIポート、VGA、USB 3.0ポート、3.5mmオーディオポート、Type-C PD給電ポートを拡張

・映像出力にこだわりのある方には必見の商品

 

ICZI  USB Cハブ 8-in-1 LAN HDMI VGA USB 3.0*2 TF/SDカードリーダー usb type c ポートPD充電ポートIZEC-TH01-JP-07

・PC生活において「欲しい」と思われるすべてをコンパクトにまとめた良品

・デバイス同士が干渉しない円形デザインも◎

 

 


【最後に・・】

たくさん商品がある中で、最適なものを選ぶのは時間と労力のかかるものです。

USBハブを選ぶ際のポイントは、①セルフパワータイプかバスパワータイプか②充電性能をどこまで求めるか③USB3.0かUSB2.0か

ある程度自分が何を求めているのか、自身の環境に照らし合わせて考えてみるといいです。

USBハブでPCライフを拡張しましょう!!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!