『SONY WH-1000XM3をレビュー。ANAファーストクラス採用のワイヤレスヘッドホン』

ANA 国際線ファーストクラスで採用された最高級ヘッドホンをご存知でしょうか。

SONY WH-1000XM3

発売当初から、抜群のノイズキャンセリング性能が話題となり、

ワイヤレスヘッドホンというジャンルでは数々のアワードを受賞している不動の人気モデルです。

圧倒的な支持を受けてANAファーストクラスでの採用が決まったことにも驚きはありません。

それぐらい「イイモノ」なのであり、

既存ユーザーからすれば「でしょうね」というのが正直な感想です。

価格帯としても、10万を超えるような玄人趣向品ではなく、数万円で手が伸ばせる範囲に収まっている点でも、

是非おススメしたい一品となっております。

今回はそんなWH-1000XM3について、レビューしていきたいと思います。

ノイズキャンセイリング性能

業界随一といって過言ではないでしょう。

 「ノイズキャンセリング」といえば、

この「WH-1000XM3」の名前が挙がることも珍しくありません。

このレベルのノイズキャンセリングを経験すると、安物にはもう戻れません。

周囲の音はほぼ遮断されます。

NC オプティマイザー

簡単に言うと、

『装着状態と周囲の環境に合わせ、 ノイズキャンセイリングを最適化してくれる機能』

ユーザーの髪型、メガネの有無、 気圧の変化など様々な要素を感知し、

ボタン一つで調整してくれます。

細かい設定を考える必要も、 移動するたびに設定を変える必要もありません。

ユーザーはいつでも、 どこであってもワンタッチで最高品質のNC を堪能できます。

ワイヤレスでも高音質

ワイヤレス=低音質というイメージですが、

「WH-1000XM3」では『ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質』を謳っています。

ヘッドホン側で音源をアップスケーリングしてくれるので、 ワイヤレスとは思えない高音質を楽しむことができます。

更に驚きなのは、このWH-1000XM3では、音源がハイレゾコンテンツでなかったとしても、ハイレゾ級の高音質を堪能できるというアップスケーリング機能。

さすが最高級モデルだけあって、とんでもない機能が付いてます。

実際1万程度のワイヤレスヘッドホンと聞き比べましたが、はっきり分かるぐらいの差があります。

ノイズキャンセリング性能が凄まじいので余計そう感じるのかもしれませんが、素人が何も考えなくてもいい音を楽しめるのは間違いないでしょう。

有線でも使用可能

ここは見落としがちなポイントなのですが、 ワイヤレスヘッドホンの中には有線接続=充電専用モードとなり、充電中は使用できないものもあります。

その点、「WH-1000XM3」は充電が切れて有線接続しても、

充電しつつ、 音楽鑑賞を問題なく楽しめます。

ですので、 充電状態をそこまで気にせずに、よりストレスフリーでの使用が可能です。

良質な装着感

イヤーパッドが非常に柔らかく、耳に負担がかかりにくい設計になっているため、 長時間の使用にも耐えられるようになっています。

また、密閉型であるため、 音を逃がさぬよう適度な緒め付けはあるものの、苦しいということはありません。

高級ヘッドホンだからこその心地いい装着感がたまりません。

優れた充電性能

たった 10分の充電で5時間の音楽再生が可能であり、フル充電ならなんと 30時間!!(※ノイズキャンセリング有の場合)

他社製品と比較しても短い充電時間で、長時間再生が可能であり、よりストレスフリーに利用できる性能となっています。

携帯性

折り畳んで付属の携帯ケースにしまうことができ、コンパクトに持ち運びができます。

カバンの中にも普通に入るサイズなので、 旅行や通勤にも使用できます。

まとめ

圧倒的な支持を受け続けている超ヒット商品です。

ヘッドホンの人気、売れ筋ランキングでも1位、少なくとも TOP3 の常連です。

紹介した機能がはほんの一部であり、他にもアプリとの連携ジェスチャーによる操作外音取り込みなどなど。。

SONYの技術の集大成といって過言ではない出来に仕上がっており、

最高の音楽鑑賞には欠かせない必須デバイスです。

最新情報をチェックしよう!